膝が痛むときはどうしたらいいの?
幅広い年齢に可能性がある半月板損傷
鍼灸塾アン
気になる 疑問 に答えます
  • Instagram
  • HomePage
お気軽にお電話でご連絡ください
0467-37-9880 0467-37-9880
9時00分~20時00分

夢中になってしまう人ほど注意

2021.9.3-4

膝や脚が疲れてきているなと感じたらすぐ行動しましょう

半月板損傷は、膝に負荷がかかっているときに膝をひねる動作で発生しやすいです。膝まわりが痛くなり、歩くのがつらくなります。膝の腫れ、膝のひっかかりや固まってしまう感じ、動いた時の痛み、膝の曲げ伸ばしの制限などが症状として出ます。

 

仕事やスポーツに集中することは良いことですが、夢中になると体のことまで気が回らなくなってしまいます。膝に負荷がかかっているときにちょっとひねって半月板損傷なんてこともあります。

 

簡単な検査でも半月板損傷の疑いがあるかどうかわかるので、心配になったら専門家にみてもらいましょう。鍼灸塾アンは完全予約制ですので、指定したお時間でお待たせいたしません。

 

また、半月板は軟部組織といってレントゲン(X線検査)では写りません。MRI検査ならわかりますので、病院での検査の際はMRIがあるところで検査をする方が良いでしょう。こういった知識があるだけでも、病院選びが楽になります。

 

半月板損傷の程度がひどければ切除などの手術をすることもありますが、そこまででなければ安静にして経過をみましょうと言われることも多いです。

 

痛みを減らす方法として、膝まわりの筋肉で負荷を軽減してあげることが大切です。太ももの前の大きな筋肉である大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を良い状態にゆるめたり、トレーニングしたりすることで、膝の痛みは軽減します。そうはいっても、痛みが強いうちにトレーニングをするのは悪化させてしまう場合がありますので注意が必要です。

 

鍼灸塾アンでは痛みの程度や筋肉の状態によってそれにあった鍼灸や整体施術をして、何が今できることなのかアドバイスします。自分の体に合った運動やストレッチがわかります。

 

正しい方法でしっかり改善するように、専門家を頼ってください。

STAFF

syoukai001

山下純司

人生では様々なことが起こります。体が痛くて思うように動かせないことが原因となり、やりたいことを諦めていく人もいます。

​その不自由のせいで人生の時間の価値が変わってしまうことだってあります。

 

でも、せっかくなら楽しんで生きてもらいたい。やりたいことをやってもらいたい。

そのためには、体がしっかりしていることが大事なんです。

そんな悩み解消のため、カラダを学べる「塾」にしてます。

どんなに良い施術を受けても、自分の体との付き合い方がわからなければ、また悪くしてしまう。

自分のカラダを知って、また痛くなったら何をすれば楽になるのかを知っていれば、安心ですし、そうそうカラダは痛くなりません。

 

不安や悩み、何でもご相談ください!

Access

最寄り駅から車で数分の距離に店舗を構えて皆様のご利用をお待ちしています

概要

店舗名 鍼灸塾アン
住所 神奈川県茅ヶ崎市本村3-12-15
電話番号 0467-37-9880
営業時間 9時00分~20時00分 随時、受付・施術をしております。 営業日時とご都合が合わないときは、 ご相談ください。
定休日 日曜日

アクセス

本村地域にお住まいの方々から多数ご利用をいただいております。最寄り駅から車で数分の距離に拠点を構え、日々お客様と向き合っております。また、感染症対策と混雑緩和のため、完全予約制を導入しております。他の方との接触機会を無くし、お客様に安心してご利用いただける環境を整えています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事